飛蚊症について説明

気になる飛蚊症(ひぶんしょう)

目の前を浮遊物が飛んでいるように見える状態。蚊が飛んでいるように見えることから、その症状を「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼びます。浮遊物の形状は糸状、小さな粒状、丸い輪、また半透明の場合もあります。眼球を動かすと浮遊物も一緒に移動します。特に明るい場所ではっきりと見え、目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。 飛蚊症は、なにかの異常を見つけるための症状の一つであって、飛蚊症自体は病気ではありません。